ブルーベリーは目に効く

ブルーベリーは目に効く!ウソとホント | ブルーベリーサプリを徹底比較

ブルーベリーは目に効く!ウソとホント

ブルーベリーは目に効く

ブルーベリーは視力回復に効く食べ物として知られていますが、これは本当なのでしょうか。

 

 

視力低下を招く白内障などの病気や眼精疲労は、活性酸素の働きによって目の細胞が機能低下を起こすことが原因と考えられています。

 

 

こうした活性酸素による視力低下を予防・改善するには、活性酸素を除去する作用を持つ抗酸化物質を積極的に摂ることが有効とされています。

 

ブルーベリーの紫色の色素にはアントシアニンという抗酸化物質が多く含まれており、高い活性酸素除去作用を発揮してくれるので、積極的に摂取することで視力低下を予防・改善する効果が期待できます。


一方、目の周辺組織に通じる毛細血管の血行が悪くなると、組織を構成する細胞に十分な酸素や栄養が行き渡りにくくなるため、細胞の働きが低下して視力低下が起こることが知られています。

 

偏った食生活や睡眠不足などが続くと、血液がドロドロになって血流が悪化するので、 視力回復のためには血行の改善が必要となります。

 

ブルーベリーには、上に挙げたアントシアニンの他にも、脂肪分解やコラーゲンの合成に必要なビタミンCや抗酸化作用を持ち血行改善効果もあるビタミンE、糖質・タンパク質・脂質の代謝や血糖値を下げるインスリンの合成などに使われるマンガンや、赤血球の主成分であるヘモグロビンの生成に不可欠な銅など、血流の改善に効果的な栄養素が豊富に含まれています。

 

また、ジャムやドライフルーツに加工したブルーベリーには、コレステロールの吸収を抑制するとともに食後の血糖値の急上昇を防止する水溶性食物繊維と便通を良くする不溶性食物繊維の両方がたっぷり含まれているので、毎日摂取することで視力回復の原因となる血行改善効果が期待できます。

以上のようにブルーベリーには、目の健康維持に効果的な成分が豊富に含まれているので、視力低下の予防や視力回復効果が得られるのは確かなようです。

 

とは言え、ブルーベリーの効能は、視力低下の要因を取り除くものに過ぎず、遺伝性の近眼や既に進行した目の病気の改善効果を期待するのは難しいので、普段からブルーベリーを積極的に摂取して目の健康維持を心がけることが大切です。

おすすめのブルーベリーサプリ ベスト3

当サイト「ブルーベリーサプリを徹底比較」がおすすめの、ブルーベリーサプリをご紹介します。
あなたのブルーベリーサプリメント選びの参考になれば幸いです。

各商品の詳細は、「詳細はこちら」ボタンをクリックしてご確認下さい。



アイノウ(エバーライフ)
アイノウ(エバーライフ) 皇潤でお馴染みのエバーライフ社より、目と脳に働きかけるサプリ「アイノウ」が発売されました。

アイノウは、日本初のダブルの機能性表示食品で、目のピント調整と脳の記憶に働きかけます。

今回は、日本初のサプリ「アイノウ」を、お試し価格でご提供いただいておりますので、ぜひこのチャンスに、アイノウをお試し下さい。

内容量 送料 詳細
1袋60粒入り(約1ヶ月分) 全国送料無料

詳細はこちら


第2位
ブルーベリー&ルテイン(リフレ)
リフレのブルーベリー&ルテイン 眼の疲労感を改善し、目の健康を守る、機能性表示食品の「ブルーベリー&ルテイン」です。

ビルベリー由来のアントシアニンとルテインがバランス良く配合することで、それぞれの効果を十分に発揮できるようにしました。

定期コース初回限定で、たったの1,000円です。しかも税込みで送料無料は、かなりお得ですね。

疲れ目がひどくなったり、小さな文字が見えにくくなったりしだしたら、ブルーベリー&ルテインをお試し下さい。
内容量 送料 詳細
1袋31粒入り(約1ヶ月分) 送料無料

詳細はこちら


第3位
えんきん(ファンケル)
えんきん(ファンケル) 日本初の目の機能性表示食品の「えんきん」です。テレビCM等で、ご存知の方も多いことでしょう。

えんきんが約1ヶ月分で、たったの1,000円(税込み、送料無料)でお試しできるチャンスです。

手元のピント調整力をサポートする中高年の味方!えんきんをお試しするなら、今がチャンスです!
内容量 送料 詳細
28粒(2週間分)x2袋 送料無料

詳細はこちら