ブルーベリーサプリと果実

サプリ VS 果実 | ブルーベリーサプリを徹底比較

ブルーベリーのサプリ対果実

ブルーベリーサプリ対果実

ブルーベリーは北アフリカ原産の植物で、木の高さは1メートル半から3メートル位と低く、青紫色の小さな実です。

 

最近では品種改良が進み、日本の一般の家庭でも、簡単に実らせることのできる果実になりました。

 

全国各地にもブルーベリー農園があり、農園ではブルーベリー狩りなども行っているため、ブルーベリーはより身近な存在となりました。


しかし少し前までは、日本人にとってブルーベリーは比較的珍しい果物でした。

 

現在は日本各地で栽培されているほか、アメリカやオーストラリアなどから輸入されているため、様々な形で私たちの食生活に関わってきています。

 

代表的なものは、ジャムやペーストなどです。

 

ジャムやペーストは、果実そのものを食べるよりも、煮詰められることにより凝縮されているため、ブルーベリーの効果がより期待できるものとなっています。

しかし、より効率的にブルーベリーの栄養素を吸収するために、サプリという形で摂取することは、さらなる効果が期待されます。

 

1粒でブルーベリー数十粒分の効果を持つことからも、直接果実を食べるよりもサプリの方が効果が高いと言え、効率的に栄養素を吸収できます。

 

また果実そのものは高価なのですが、サプリメントであれば価格もお値打ちです。

 

そのため毎日飲み続けていくことも簡単で、外出先などに携帯するということを考えても、便利と言えます。

 

またブルーベリー果実は冷凍やドライフルーツでも販売されていますが、保管方法や入手方法を考えると、ブルーベリーをサプリメントで摂取することは、非常に便利なのではないかと考えられます。

ブルーベリーには様々な効果が期待されており、アントシアニン、ビタミンC 、ビタミンE、鉄、ミネラルが豊富に含まれており、抗酸化作用が高く健康に良いと考えられています。

 

ブルーベリーに含まれているアントシアニンと言われる成分が、目の働きを高める効果や眼精疲労予防する効果があることで知られています。

 

記憶力の改善や疲れ目の軽減やアンチエイジングにぴったりのブルーベリーは、目を酷使しがちな現代人にはなくてはならない存在になりそうです。

おすすめのブルーベリーサプリ ベスト3

当サイト「ブルーベリーサプリを徹底比較」がおすすめの、ブルーベリーサプリをご紹介します。
あなたのブルーベリーサプリメント選びの参考になれば幸いです。

各商品の詳細は、「詳細はこちら」ボタンをクリックしてご確認下さい。



アイノウ(エバーライフ)
アイノウ(エバーライフ) 皇潤でお馴染みのエバーライフ社より、目と脳に働きかけるサプリ「アイノウ」が発売されました。

アイノウは、日本初のダブルの機能性表示食品で、目のピント調整と脳の記憶に働きかけます。

今回は、日本初のサプリ「アイノウ」を、お試し価格でご提供いただいておりますので、ぜひこのチャンスに、アイノウをお試し下さい。

内容量 送料 詳細
1袋60粒入り(約1ヶ月分) 全国送料無料

詳細はこちら


第2位
ブルーベリー&ルテイン(リフレ)
リフレのブルーベリー&ルテイン 眼の疲労感を改善し、目の健康を守る、機能性表示食品の「ブルーベリー&ルテイン」です。

ビルベリー由来のアントシアニンとルテインがバランス良く配合することで、それぞれの効果を十分に発揮できるようにしました。

定期コース初回限定で、たったの1,000円です。しかも税込みで送料無料は、かなりお得ですね。

疲れ目がひどくなったり、小さな文字が見えにくくなったりしだしたら、ブルーベリー&ルテインをお試し下さい。
内容量 送料 詳細
1袋31粒入り(約1ヶ月分) 送料無料

詳細はこちら


第3位
えんきん(ファンケル)
えんきん(ファンケル) 日本初の目の機能性表示食品の「えんきん」です。テレビCM等で、ご存知の方も多いことでしょう。

えんきんが約1ヶ月分で、たったの1,000円(税込み、送料無料)でお試しできるチャンスです。

手元のピント調整力をサポートする中高年の味方!えんきんをお試しするなら、今がチャンスです!
内容量 送料 詳細
28粒(2週間分)x2袋 送料無料

詳細はこちら